10月6日パラグアイ・ブラジル渡航31日目

こんにちは

 

引き続き事故なくブラジル渡航を続けています.

藤田です.

 

今日は,同行してくださっているかおりさんとひとしくんにメルカドを案内していただきました.

「必ず固まって動くこと,荷物に気をつけて」 と釘をさされたので,みんなドキドキです.

 

いざ,駅を出てみるとそこには原宿のような活気ある雰囲気が漂う路地があり

たくさんの大人たちが・・・.

ショッピングには見えないけれど,平日の昼間に何をしているのだろう?

 

 

至る所で,日本では絶対にないものを見つけることができました.一番印象的なのは「アグアグアグアグ!」を連呼する水売りの人.

どこにいても「アグアグアグアグ!」それだけ水の需要があるってことがわかる.

ポルトガル語はわからないけど,売っている水を手にとって首を横に振ると冷たい水をくれる商売人.一本買いました.

 

果物市場では試食をたくさんさせてもらうことができて,売り切れるってこともないんだろうなという印象.

珍しいものに目がない僕は初めて見たカシューナッツの実を購入.こんな顔になってしまう味ですがご賞味あれ.

 

その後も教会や,東洋人街を見学しました.

東洋人街では多くの中国人がスーパーの店員さんをやっているようです.品物も日本のものから中国,韓国のものなど多様.ただ,日本で買うよりも少し高めかな.

 

どこでも何でも買えてしまう今の世界,地球って狭いんだなと感じています.