研究室紹介

藤掛洋子研究室について


研究室では、理論と実践の往還を大切にしています。モットーは「答えは現場にあり」です。フィールドと研究室、学問と実践の往還を行うことから相対化が出来、複眼的思考も養えると考えるからです。フィールドと研究室の往還からマクロからミクロまでを分析するための複眼的思考を育むとともに、他者を思いやり、みんながハッピーに生きていくためのコーディネーション能力をつける。そのような学びをゼミでは大切にしています。

ショートビジットプログラム -パラグアイ・ボリビア・ブラジル渡航-

2013年度より行っているショートビジットプログラムです。複眼的思考を醸成し、異なる文化や価値観を持つ人々とつながり、新しい知を生み出すことのできる若者を育成を目指しています。

卒業生・修了生の主な就職先(順不同・卒年不同)

公的機関
小学校教員、高校教員、大学教員・研究、横浜市職員、東京都庁

民間企業
電機メーカー、医療機器メーカー、大手自動車メーカー、大手建築会社ベンチャー企業
TV局記者、TV局アナウンサー、航空会社フライトアテンダント・地上勤務

独立行政法人
青年海外協力隊(ペルー派遣・グアテマラ派遣・ニカラグア派遣・トンガ派遣・パラグアイ派遣他)
UR都市機構、開発コンサルタント

進学
国内外大学院進学(横浜国立大学、GRIPS、サセックス大学大学院、シェフ―ルド大学大学院他)、専門学校

NGO/NPO
国際NGO海外駐在員、国内NPO代表

ゼミ生は自分の信じる道を進んでいます。

フォトギャラリー