2017年度パラグアイ・ブラジル渡航報告HP版が完成しました!

2017年度パラグアイ・ブラジル渡航報告HP版が完成しました!

 

私たちは、横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程の国際協力ゼミ・スタジオにおいて藤掛洋子教授の下で勉強している。ゼミ・スタジオでは、国際協力や社会開発、他者支援や他者理解のあり方などについて学んでおり、そこでの学びを実践的に展開するために、ショート・ビジットプログラム・グローバル・スタディーズ・ツアー(以下、SV):第6回パラグアイ・ブラジル渡航に参加した。パラグアイは、藤掛先生の研究実践フィールドでもあり、先生はパラグアイと25年間に渡る関わりがある。私たちの渡航期間は2017年9月5日から10月10日の36日間であり、パラグアイに27日間、ブラジルに9日間滞在した。
2013年度から始まったSVパラグアイ渡航であるが、2016年度からブラジル渡航が加わり、今回の渡航は第5回目となる。すなわち私たちは5期生であり、メンバーは、横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程3年生:鈴木泰輔、久保田玲海、教育人間科学部人間文化課程2年生:妹尾まりあ、松岡万理恵、樋口円華、坂田有紀奈、松永祐人、反田遥南、佐藤里南、平川奈菜、齋藤幾日、林佑紀、都市イノベーション学府博士前期課程2年生:大西星川ウイルソン秀次、環境情報学府情報メディア環境学専攻博士前期課程2年生:藤田雅之の14名である。ここに指導教員である藤掛洋子教授が引率して下さり、ファビアン・カルパントラ講師もこの渡航の中盤に一部参加した。
私たちのパラグアイ渡航は大きく分けて5つ目的を持つ。

続きは以下からご覧になれます!

http://ynu-gsp.jp/gsp2017/parSV/article_parSV-01.html