2018年度卒業生氏名・論文タイトル・要旨

2018年度卒業生氏名・論文タイトル・要旨

2018年度 卒業生氏名・卒業研究タイトル

 

大橋 怜史 『パラグアイ共和国の都市貧困に関する研究-A川沿いに住む貧しい人々の暮らしを中心に-』要旨(PDF)

近藤 眞央  『大学生の語りから考える日本のLGBT受容に関する一考察』要旨(PDF)

齋藤 誠仁 『パラグアイのスラム-バニャードスールにおけるスラムツーリズム・ダークツーリズムの課題と可能性-』要旨(PDF)

高井 里菜  『子ども食堂の持続可能性に関する研究-社会企業により運営された施設を事例に-』要旨(PDF)

齋藤誠仁のメッセージ

*******

こんにちは、齋藤誠仁です

2019/2/9、卒論発表会が終わりました

藤掛先生をはじめ、ゼミの同期など、様々なひとに支えてもらい、この日を迎えることができました

やっと終わったという嬉しさと、もう大学に来ることはないという、悲しさが半分半分です

振り返ると、大学生活の四年間はあっという間でした

特に、学年が上がるにつれ、日々が過ぎ去る速度が速くなったように思います

この四年間、本当に恵まれた大学生活を送ることができたと思います

大学最後の半年間をパラグアイで過ごす(しかも、留学生として、インターンとして、卒論を書いて)という、多分、前代未聞の経験まで、させて頂くことができました

大学四年間を一言で表すのであれば、それは、「パラグアイ」に尽きると思います

四年前はパラグアイの国旗すら見たことがなかったと思うと、大学生活、何があるかわからないと、改めて思います

このきっかけを与えて下さった、藤掛先生、本当にありがとうございます

そして、一緒にパラグアイへ行った同期の皆さん、本当にありがとうございます

もちろん、先輩方や後輩の皆さんも、ありがとうございます

もう学生という肩書きは終わりです

これから、大人として、自分にしかできないことができるように、さらに成長したいと思います

本当にありがとうございました

2019/2/9

齋藤誠仁