2016年度パラグアイ渡航14日目!

Hola! 2年の高畑です。
渡航14日目となる本日は、朝オビエドから再び首都アスンシオンに向けて出発しました。
そして、Centro Educativo Departamental Municipal Técnico Agropecuario という農業専門の高校に訪問させていただきました。

image

約50人いるここの生徒はほぼ全員が寮に入っているそうです。いろいろな野菜を育てている所や食用として育てられている羊を見せていただきました。その後、ここで育てられた野菜を使った昼食までいただきました。パラグアイでは野菜が少ない食事が多かったので、テンションも上がりとてもおいしかったです。生徒さんと一緒に食事しながら交流を深めることができました。
そして、サルスエラという劇を見る前に文化センターを訪れました。左官だった人が才能を見出されて作った壁のセメントの彫刻やパラグアイの建国の家が背景にある舞台などを見せていただきました。

image

そこには、ヒューマニズムを追求した5人の偉人の彫刻もありました。そして、この後に見学させていただく、サルスエラという劇の説明もしてくださりました。

私たちはなんと、本番ではなく公開前の練習を見学させていただきました。しかも舞台はすぐそこという席で!公開前なので、詳細をお伝えすることができないのですが、とても貴重な機会をいただきました。
その後、カテウラのjuven surのメンバーのお二人と食事をしながら話し合いをし、最後にはjuven surの文字が入ったキーホルダーをいただきました。直接会える機会は減ってしまいますが、今後も協力して活動を続けていけたらと思います。
毎日、様々な出来事があり頭の中の整理が追い付かない部分もありますが、感じたことも含めていろいろなことを忘れないように今後もしっかり書き留めていこうと思います。 Chau chau!