2016年度パラグアイ渡航20日目!

こんにちは!2年の菅野です。

本日は、JICA草の根プロジェクト2日目ということで、NIHON GAKKOにて私たち学生も農村女性の方々の話し合いに参加させていただきました。

パラグアイの農村部では現地語であるグアラニー語を多く使用するため、学生は通訳の方々と共に、話し合いに参加していました。

お昼をNIHON GAKKOでいただいた後、一部メンバーは話し合いに参加されていた高橋美左子さんのお宅に伺いました。

お庭で育てていらっしゃるスターフルーツを食べさせていただきました。初めて食べるメンバーが多く、『甘いね!』という感想が飛び交いました。

o0800060013761217360

また、美左子さんの息子さんである、あきらさんの作られているお酒を、成人しているメンバーは少し試飲させていただきました。とても美味しいのですが、あきらさんのお話によると、梅酒はパラグアイでは知られていないため、売れるまでに3年もの時間がかかったそうです。

また、手作りのきゅうりと大根の浅漬け、人参の味噌漬けをいただきました!外国にて日本の味をいただけることが、日系移住地であるコルメナ地域ならではだと感じました。
o0800060013761219211

そのあとはホテルに戻り、夕食を食べながら反省会を行いました。渡航も20日ということで、メンバーのさまざまな想いを聞くことができ、より皆の絆が深まった気がします。

折り返し地点となりましたが、皆で力を合わせてまだまだ頑張ってゆきます!温かい応援の方、どうぞよろしくお願い致します。