SVパラグアイ渡航帰国報告会が終了しました。

2022年11月18日にSVパラグアイ渡航帰国報告会が終了しました。

藤掛洋子教授の総合司会により、梅原学長の挨拶で始まり、以下のプログラムに掲載されている流れで報告会が執り行われました。

報告発表は、SVパラグアイ渡航を引率された藤掛洋子教授、参加された三島雄一さん(都市科学部都市社会共生学科4年)、江藤克さん(都市科学部・都市社会共生学科4年)、杉江つくし(同2年)、宮内爽太さん、(都市科学部・都市基盤学科3年)、伊東秀真さん(同2年)によって行われました。

講評におきましては、アスンシオン国立大学 Hugo Cabellero教授、カアグアス国立大学 José Ríos Franco教授、ニホンガッコウ大学 Mirian Insfrán de González国際部長、

在日パラグアイ大使館 Miryan Megumi Kumagai様よりお言葉を頂戴し、勝地弘横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授のお言葉で好評のうちに終了いたしました。

〈プログラム〉

総合司会:藤掛洋子(横浜国立大学都市科学部長・教授)

開会挨拶 梅原出横浜国立大学学長 

来賓挨拶 中谷好江駐パラグアイ日本大使館特命全権大使

報告会司会:本藤理子(都市科学部・都市社会共生学科2年)

報告会

1 「横浜国立大学+パラグアイ3大学で行うJICA草の根技術協力事業『パラグアイにおける複合的農村開発プロジェクト~ア グリツーリズムの展開に向けて~』」 藤掛洋子(横浜国立大学都市科学部長・教授)

2 「マッピングアクティビティとアンケート調査 『パラグアイ共和国複合的農村開発~アグリツーリズムの展開に向けて』 における一取組」 三島優一(都市科学部・都市社会共生学科4年)

3 「パラグアイ共和国におけるバイオトイレプロジェクトの展開」 江藤克(都市科学部・都市社会共生学科4年)、杉江つくし(同2年)

4 「パラグアイのインフラ事情~都市基盤学科の視点から~」 宮内爽太(都市科学部・都市基盤学科3年)、伊東秀真(同2年)

講評    アスンシオン国立大学 Hugo Cabellero教授

      カアグアス国立大学 José Ríos Franco教授

      ニホンガッコウ大学 Mirian Insfrán de González国際部長

      在日パラグアイ大使館 Miryan Megumi Kumagai様

閉会挨拶 勝地弘横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授